グリランドRIBツアーの使用機材

船外機比較

グリランドで使用する船外機は
日本で最も過酷な状況で稼働しています。

合計8艇、それぞれのボートが1日あたり
約1時間の航行を8~12回
1シーズン
(1年)で2,000~3,000hも稼働します。

キレイな淡水湖での使用なので、海での使用のように塩害や海水による
トラブルという言い訳はできない最高のテストフィールドです。


主に175馬力~250馬力モデルをメインに比較していきます。



最近、取引先やお客様に

「どこの船外機やRIBが良いですか?」

と聞かれます。

各船外機メーカーの比較や、サービス体制など
以下を参考にしてください。




海水・淡水・泥水・低温・極寒・高温・灼熱・高地・・・

各国の漁師・海軍・海上警察・観光ボート事業など
世界では河川や海洋で様々な環境で船舶が航行しています。
その中でも
船外機メーカー以上に最もボートを酷使しているの
がグリランドかもしれません。

これまでの歩みや使用機材を紹介します。
やこれからRIBや船外機を購入される方の参考になればと思います。


まだ未完成のページです。
時間があるとき更新しいていきます

2010
      

アキレス SU-18 (エンジン ホンダBF50)

グリランド野生動物管理センターの10名乗りのインフレータブルボートを


初めて十和田湖に浮かべの特別保護区を仲間と探検

この素晴らしい手つかずの自然を観光客に見せられないものかと考える


しかしこの場所までは一般のモーターボートで往復3時間

地形が険しい十和田湖では更に速い高速ゴムボート(RIB)が必要になる。


2011
海上保安庁から巡視艇搭載型の
憧れのRIBを譲ってもらう。
海上保安庁のおさがりのRIB
イギリス AVON社製 SR6.0
 震災時、あちこちで崩落
神代ヶ浦で謎の岩が出現

AVON SR6.0 1艇 ホンダBF175  1艇

NF750 1艇 ボルボディーゼル 1艇

NF480 ヤマハジェット仕様 1艇

村田と二人で日本では初めてのRIBツアーの運航を開始

集客方法はレンタカー会社、近隣ホテルに置いてもらうパンフレットのみ

売り上げはほとんんどなく、趣味程度の運航。

2011東北大震災の年でしたから仕方ありません。

2艇での運航


参加料金 大人5,000円  子供2,500円

2012

 特別保護区内で物理的にRIBでしか入ることができない入り江を発見

アイヌ民族初の国会議員 萱野茂さんと「イトムカの入り江」と命名

ここで奥入瀬地ビールか奥入瀬源流コーヒーをお客様に提供

 
AVON SR6.0 4艇 NF750 1艇 合計5艇での運航

※NF750のディーゼルはイトムカでの騒音と排気臭がひどい為、スズキDF175船外機に変更
(エンジン 新型スズキDF140・DF175を導入)

全てのRIBの船外機がスズキ製に



HPを開設


参加料金 大人10,000円  子供5,000円

2013
  最大6艇の運航に  米軍基地と提携をスタート  航路の変更で催行時間を短縮
1時間のツアーに
ZODIAC PRO750を1艇追加 スズキDF140×2

この頃からまとまった団体客も入るようになる。

ヘルメットの個数が追い付かないのと一部のお客様に不評なヘルメット着用を廃止(雨天時除く)

参加料金 大人8,000円 子供4,000円
 
2014
旅番組のロケも増え始める  海外からのお客様が増え始める グリランドの駐車場が足りなくなるほど
 
合計6艇の運航

イトムカの入り江でのコーヒー ・ ビールサービスを廃止

参加料金 大人6,000円 子供2,000円

 2015
桟橋を2ヵ所に増やす  運航ダイヤ調整でより効率的に 最大9艇の運航
参加料金 大人6,0000円 子供2,000円
 2016
 
 熊との事故を防ぐ為番犬を導入
ノンノ (グレートピレニーズ)
 この頃からスズキエンジンの
電装系が壊れ始める
 グリランド一部を改装
駐車場も増やす
 
スズキDF140が立て続けに故障、続いてDF175も不調。

4艇のエンジンをヤマハ製に交換。



参加料金 大人6,0000円 子供2,000円
2017
     
 
ヤマハ製の船外機がたった2シーズン目にして3機が修理できない故障。


ひょっとすると十和田湖の低水温と標高が関係あるのか・・・。

またはキャプテンの乗り方に問題か?


1シーズン600~1,000時間稼、過酷な状況で使用するグリランドのボート。

漁船やレジャーボートとは比べものにならない負荷がかかります。

海上保安庁や海上自衛隊のRIBよりも遥かに酷使しています。

 NF750  ZODIAC 750

どちらもチューブの劣化&接着面剥がれで5年目にして廃船。

どちらもチューブ後部の接着面の方法に問題があります。

ZODIACに関しては老舗メーカーなのででノウハウがあるはずですが・・・

 
まとめ


スズキ製 DF175(4気筒) DF225

スズキ製は修理しながら現在も1機あたり6,000~8,000h以上稼働しています。
パワーも落ちていませんしまだまだ使えそうです。
燃料ポンプなどは交換していますが大きなトラブルはなし。
今現在一番長く使っています。


ヤマハ製 F150 F250


ヤマハ製は1~2シーズンで3機全て全損・・・
クランクが曲がったり、焼き付きなどで修理を諦めました。
今現在ヤマハは使っていません。

ホンダ製 BF225


現在3,400h 
ボディカラーのせいか見た目は色あせて古く見えますが
今のところ問題ありません。




エンジンのチョイスを間違えれば高額な出費になります。



そして・・・・・・

偶然ヤマハ4ストの代替えで装着した
ヤマハ2ストが壊れない!
今度こそ壊れないようお願いします・・・
4ストが立て続けに壊れて買い替える経費を考えれば2ストの燃費は安いものです。

2018シーズンの十和田湖RIBツアー
3艇のボートはヤマハ2ストロークエンジンで挑戦!


十和田湖RIBツアーでは、ヤマハの4スト代替えで2ストローク船外機を使用します。

国立公園でもあり、水源地でもある十和田湖。

環境を破壊・汚染するディーゼル機関
2ストローク船外機の規制はまだありません。



中古ですが2スト船外機にしてからトラブルはほぼなくなりました。

しかし、騒音が高く、せっかくの静かな湖面遊覧も騒々しくなり
野性動物にも何かしら影響がありそうです。

また、排気ガスの臭いが気になります。
それだけ環境に悪いはずです。
潤滑オイルも湖にまき散らすせいか油が水面に浮きます。


燃費も4ストロークの倍は消費 2ストなので潤滑オイル代もかかります。

マイナス面もありますが加速のパワーもあるし故障もほぼ無いヤマハ2ストロークは素晴らしい。


流石世界のYAMAHAだと思います。
日本国内では既に販売を終了している2ストローク船外機。
環境に配慮した製品が出れば絶対ほしいですね。









十和田湖RIBツアーへ